2013年01月12日

一太郎2013「玄」予約開始&バージョンアップのお知らせ

2013ichitaro00.JPG 
JustSystemsのWebカタログ+ニュースリリースによると、
2013/2/8に一太郎の最新バージョン「一太郎2013「玄」」が発売されます。

ジャストシステム「日本語ワープロソフト 一太郎2013 玄」紹介ページ
 
 
 
2013ichitaro01.JPGぽこぽこの所には「予約開始&バージョンアップのお知らせのご案内」がこんな形で届きます。
(多分珍しいと思うので)紹介をかねてパンフレット内容を基に予想・期待・意見を簡単に書こうかな、と。

(でもまあ発売前なので&使用した訳ではないのであまり参考にならないかもですが……)
 

ちなみに同封されていたパンフレットはこちらです。
 
2013ichitaro02.JPG(なお、著作権的にも問題あると思いますし、中身は送られてくる人だけの特典的なものでもあるのでアップしません。内容は上記にあるメーカーカタログページをご覧くださいね。)
 

で、感想ですが、
正直言って、パンフレットを一通り見て感じたのは「一太郎のウリ」のなさ。
心で感じて書く感太?(しかもATOK連携辞書別売り)、ドラゴンスピーチ11搭載?(今時&今更一太郎買ってPCで音声認識ですか)、一般向け初搭載&超有名な高品質フォント搭載?(今まで不要だったから一般向けに出てないのでしょうに)3D写真が作れる?(一太郎で作ったのをTVで見るの?それとも3DSで?)

一太郎を買うような人間にとってそんなものはどうでもいいんですよ実際、って部分に大半の説明が割かれていることに個人的には多少ガッカリでした。
(内容の1/6はJustmyshopのカタログ販売状態なのもさらに追い打ちを...)


肝心の一太郎(+ATOKも見ましょうか)がどうか?って所で見ると、一番初めに「写真を思うままに操れる」
……写真のトリミングできますよ〜、配置もきれいにできますよ〜ってことですね。
ここだけみると確かにWordで表や写真が思い通りに配置できないことが多い初級〜中級者の方には便利ですし、元々「日本語ワープロ」なので罫線なども大得意の一太郎には、より「売り」なのかもしれません。

ただ、個人的にはこれが「売り」ってのも少しがっかりだったのですが、この後に続く「EPUB書き出しがより簡単に、便利に」という部分も合わせて見ると評価に値するところです。
リフロー型EPUBも、固定レイアウト型EPUBもどちらも出力可能というのはとても便利そうです。
例えばWordやHTMLなんかで作成したものをEPUB出力してKindleやkoboやiPadなんかで読む、ってことも可能なわけで。

当然ながら変なツールや出力サービス使うよりも変換時の編集も簡単そうですしね。


ATOKは相変わらずの校正支援や変換辞書の強化、あとWindows8対応でタッチ対応などまあ悪くない進化ですね。リソースは食うでしょうが(苦笑)
 

ん〜、長くなりそうなので、続きは別エントリーにしますね。
 




オフィス系/PDF関連
にほんブログ村ランキング参加中です♪役に立ったらクリック宜しくです(≧∇≦)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61416820
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ologo_wback.gif  Dropbox_logo_160xVMware_Logo
 

まだ載って無いエントリーも多いですが、ただいま過去のエントリーも頑張ってタグ化中です〜(謝)

※お詫び※
コメントにHPアドレス欄がありますが、本文も含め記入があるとコメントできません。
(ocnやyahooBBからのトラックバックSPAM急増のため。該当ISPは投稿ブロックします。苦情は利用ISPにお願いします。)