2012年04月12日

Wifiルーターとケータイが本当の意味で1つに!?

wx02s.jpg先週の日曜日ですが、次世代(?)携帯やあったら欲しいモバイル機器などの話題について、良くコメント頂いている1kgさんと電話で話をしていました。
その内容は今週末にでもブログのネタにしよう、と思っていたのですが、その中で「どうせならWifiルータと携帯電話を背中合わせに貼り付けたようなのがあると余計なものを持たなくても良いのに」という話も出ていました。

そんな今日、こんなニュースリリースが!

Willcom 「PORTUS<WX02S>」の発売について
〜1台で「ULTRA SPEED」と「だれとでも定額」が利用可能なデュアル端末を発売〜


ウィルコムなのでPHSですが、一応ケータイとWifiモバイルルータが一つになって持ち運べるものが本当に製品化されちゃうことに!
 

ぽこぽこなんぞも、まだ「テザリング」なる言葉が出る前から(ってこの言葉自体それまでと無関係の所から突然出てきたような・・・)アドエスなどでモバイル端末を無線ルータ化してたりしています。
そんな自分でもソフトウェア側でルータ機能を実装することは、OSなりハード実装なりに負荷が高い=ハード・ソフト的に壊れやすい、使う側の知識やスキルを必要とする、というデメリットが高いと思っています。また、実際に開発側にも立ったりするようになり、余計にそう感じることが多いです。


ま、現在のスマートフォンのような高性能化したモバイルデバイスなら問題ないんじゃない?考えすぎだよ、と思っている方も多いでしょうが、
高性能化+高クロック化+電池部軽量化+表示部の拡大などと、高性能化によるブラックボックス化、利用者側のスキル閾値の低下(=利用ハードルの低下)などを鑑みると、
(自分たちのように故障やトラブル・再インストールも含めて楽しめる人たちばかりであれば良いのでしょうが(笑))
やはり、単機能化することで動作速度や使いやすさ、長寿命化やソフトウェア設計・メンテコスト=低価格化などメリットなどの方が大きいと思います。


まあ、パソコンのワープロソフトと、ワープロ専用機の機能とどちらが速くてトラブルがないか、テレビデオの故障時の事など、例を挙げればきりがないですが(・・;



しかし、イエデンワと言い、フリスクと言い、SOCIUSと言い、Willcomの最近の機種は昔みたいに面白い(古語的な意味で)のが多くなってきましたねぇ♪

ともかく自分たちのアイデアが実現してびっくり&ホント注目している製品です。

1kgさんとの話題で出た同コンセプトの製品では、「Wifiルータとモバイルバッテリーの一体化、USB5V入出力も付けてね」という製品もありますが。
これ、どこかのキャリアーor通信機器事業者さん作りませんかぁ?
PHS(Willcom)/アドエス/WindowsMobileなど
にほんブログ村ランキング参加中です♪役に立ったらクリック宜しくです(≧∇≦)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55247844
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ologo_wback.gif  Dropbox_logo_160xVMware_Logo
 

まだ載って無いエントリーも多いですが、ただいま過去のエントリーも頑張ってタグ化中です〜(謝)

※お詫び※
コメントにHPアドレス欄がありますが、本文も含め記入があるとコメントできません。
(ocnやyahooBBからのトラックバックSPAM急増のため。該当ISPは投稿ブロックします。苦情は利用ISPにお願いします。)