2009年08月10日

Ghostでバックアップイメージ作成時のコマンドラインスイッチの使い方(高度)

ノートンのGHOSTでは、通常の手段ではファイル単位でクローンやイメージ作成してくれますが、それで上手くいかない時もあります。
例えば、隠しセクタやブートレコードにデータがあったりして、それが必要になったり、パーティションの容量が厳密で、それを起動時にBIOSからチェックされたりとかありますし。

そのような時に、Norton GHOSTでトライ&エラーでクローンをやるためのコマンドラインスイッチの使い方一覧です。一応ゴースト2003とゴースト11.0で使えるやつです。
 
 
なお、引用してあるGHOSTで使えるコマンドラインスイッチの一覧は巡り巡ってNortonのこちらのページにありますので、以下で不測の場合は参考にしてください。
-FRO
 コピー元に不良クラスタがある場合でもクローンの作成を続行します。

-IA
 イメージの作成やディスクコピーを行う際に、パーティション内の使用されていないセクタやブートセクタも含め、すべてのセクタをコピーします。
 コピー元のブートトラックや、コピー先ディスク上に潜む脅威からデータを保護できます。
 ドライブ上でパーティション設定のされていない領域は、コピーされません。
 コピー先のパーティションサイズを変更することはできません。

-IAL
 Linux パーティションをコピーする際に、セクタコピーを強制します。それ以外のパーティションは、通常のネイティブコピーが行われます。

-IB
 イメージの作成やディスクコピーを行う際に、ブートトラック全体の情報をセクタコピーします。ブートトラック内にインストールして使用するアプリケーションがある場合などに使用します。
 パーティション単位の操作を行うことはできません。
 コピー先のパーティションサイズを変更することはできません。
 このスイッチの使用時に問題が発生した場合は、最新版の Ghost にアップグレードしてください。

-ID
 イメージの作成やディスクコピーを行う際に、ブートトラックやパーティションテーブル、未使用領域などを含め、ディスク全体のすべてのセクタをコピーします。
 コピー先のパーティションサイズを変更することはできません。
 このスイッチの使用時に問題が発生した場合は、最新版の Ghost にアップグレードしてください。

-IR
 -IDスイッチ同様にディスク全体のセクタコピーを行いますが、コピー先ディスク上でブートトラック情報の修正を行わず、ディスクの完全なコピーを作成します。
 不正なブートトラック情報等も同時にコピーされます。
 コピー先のパーティションのサイズを変更することはできません。

-SZE{ E | F | L | ={ <サイズ>M | <パーセンテージ>P | F | V } }
 クローン実行時のパーティションサイズを指定します。-SZE の後に続く文字によって、動作が異なります。
 -SZEE
  すべてのパーティションサイズを元のディスクと同じにします。
 -SZEF
  先頭のパーティション以外のパーティションサイズを元のディスクと同じにします。先頭のパーティションは、残りのディスク容量を使用します。
 -SZEL
  最後のパーティション以外のパーティションサイズを元のディスクと同じにします。最後のパーティションは、残りのディスク容量を使用します。
 -SZE=<サイズ>M
   番目のパーティションのサイズを <サイズ> MBに固定します。
 -SZE=<パーセンテージ>P
   番目のパーティションのサイズを <パーセンテージ> % に固定します。
 -SZE=F
   番目のパーティションのサイズを元のディスクと同じにします。
 -SZE=V
   番目のパーティションのサイズを可変にします。復元先のディスク容量にあわせて大きくしたり小さくしたりすることができます。デフォルトではすべてのパーティションに対し、可変になっています。

-CRCIGNORE
 イメージファイルの破損を可能な限り無視します。イメージファイルの作成時や復元時に発生した CRC エラーを無視するため、Ghost は操作を完了することができます。
 ただし、CRC エラーが発生する場合は、対象のイメージや復元したディスクの内容が破損している可能性があることに注意してください。

あとは、コマンドラインスイッチが適合するバージョンに注意しましょう!なにしろGhost2003までとそれ以降ではNorton GHOSTという名前以外別物なので使えるか使えないか分りませんよ...(--;
Ghost2003/Ghost11
にほんブログ村ランキング参加中です♪役に立ったらクリック宜しくです(≧∇≦)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31200642
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ologo_wback.gif  Dropbox_logo_160xVMware_Logo
 

まだ載って無いエントリーも多いですが、ただいま過去のエントリーも頑張ってタグ化中です〜(謝)

※お詫び※
コメントにHPアドレス欄がありますが、本文も含め記入があるとコメントできません。
(ocnやyahooBBからのトラックバックSPAM急増のため。該当ISPは投稿ブロックします。苦情は利用ISPにお願いします。)